To display this page you need a browser with JavaScript support. / このページを表示するには、Javascriptをサポートするブライザーが必要です。

江上 茂  最高師範 (Great Master Shigeru Egami)


大正元年 (1912) 福岡県大牟田市に生まれる。
昭和6年早稲田大学に入学と同時に空手研究会に入会し部創立に寄与する。 学時より松濤館に入門して松濤・船越義珍に師事し、空手道の修行に励む。
昭和13年松濤館段級位審査員となる。第二次大戦後、船越義珍の師範代として仕え、早稲田大学部監督、同大正課体育講師を勤めた。

その後、学習院、東邦、中央など、各大学の師範を歴任する。また東急道場、富士通、日本ビクター、都庁など、各実業団空手部の指導と国内各地方支部の育成を行う。さらに、海外にも支部をつくって斯道の普及に努め、現在も数多くの門下生が世界各地で活躍している。

昭和50年、師匠船越義珍翁(昭和32年没)の遺言に従い、日本空手道松濤会本部道場・松濤館を東京芝浦に再建し、同時にその館長に推挙される。

昭和56年 (1981) 1月10日、68歳にて永眠される。
法名松涛院釋茂勲遊行居士。